二級ボイラー技士 通信講座で試験合格

ボイラー技師の資格
二級ボイラー技師の仕事について
二級ボイラー技師資格取得の方法
二級ボイラー技師資格取得の勉強方法
通信講座

 

 

 

サブメニュー
お勧めリンク
■難易度と合格率

ボイラー技士2級試験は、難易度としてはどちらかといえば低い方と言えます。
覚えなければいけないこともたくさんありますが、頑張って暗記しましょう。重要なポイントをしっかり掴んで、効率よく勉強すれば2〜3ヶ月の学習期間で合格できます。

 

合格率は2級ボイラー技士の場合50%程度のようです。それほど難しい資格ではなく、独学でも十分合格できるレベルと言えます。

 

二級ボイラー技士の資格試験の試験科目は「ボイラーの構造に関する知識」「ボイラーの取扱いに関する知識」「燃料及び燃焼に関する知識」「関係法令」の4つですが、各10問の計40問出題されます。60%(24問)以上で合格になりますが、各部門全てにおいて40%(4問)以上できていないと不合格になります。得意、不得意があるとせっかく60%以上点が取れても不合格になることがありますので、気をつけます。

Copyrightc 2008 boira-nikyu.com
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。