二級ボイラー技士 通信講座で試験合格

ボイラー技師の資格
二級ボイラー技師の仕事について
二級ボイラー技師資格取得の方法
二級ボイラー技師資格取得の勉強方法
通信講座

 

 

 

サブメニュー
お勧めリンク
■試験の申し込みについて

二級ボイラー技士免許の試験は毎月1〜2回、各地の安全衛生技術センターで実施されます。試験会場は全国に7箇所あります。北海道センター・東北センター・関東センター・中部センター・近畿センター・中国四国センター九州センターの7箇所です。受験地が遠くて行けない場合は、各都道府県につき年1回程度の出張特別試験も実施されています。

 

受験を希望する方は、まず受験申請書の請求をします。受験申請書取扱機関 (各センター他)にて無料で配布しています。郵送での請求もできます。
受験申請書が届いたら、申請書類を作成します。受験資格を証明するために必要な添付書類、試験手数料、証明写真(36mm×24mm)が必要です。

 

申請書の提出方法は、郵便(簡易書留)で各安全衛生技術センターへ(第一希望日の2ヶ月前から14日前までに)郵送する方法と、センター窓口へ(第一希望日の2ヶ月前からセンターの休日を除く2日前までに)持参する方法があります。
出張特別試験については提出先・受付期間が異なるので、安全衛生技術試験協会のホームページでご覧ください。受験申請書を郵送したら10日以内に受験票が届きます。

Copyrightc 2008 boira-nikyu.com
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。