二級ボイラー技士 通信講座で試験合格

ボイラー技師の資格
二級ボイラー技師の仕事について
二級ボイラー技師資格取得の方法
二級ボイラー技師資格取得の勉強方法
通信講座

 

 

 

サブメニュー
お勧めリンク
■受験申請に必要な書類

【受験申請に必要な書類】
◇受験申請書
◇試験手数料8300円(受験票を発行した後の試験手数料の返還はできません)
◇証明写真(36mm×24mm)
◇受験資格を証明するための添付書類

 

二級ボイラー技士の資格を得るためには、いくつかの受験資格がありますが、一つ以上の受験資格に相当するものがなければ受験することができません。
それぞれ受験資格には、その受験資格を証明するための添付書類が必要になります。

 

卒業証明書や実地修習結果報告書の写し、ボイラー取扱い技能講習終了証の写し、海技士免状の写し、ボイラー・タービン主任技術者(1種または2種)免状の写し、汽かん係員試験合格証の写しなどが必要になります。
添付書類の「写し」には「原本と相違ないことを証明する」との事業所などの証明が必要になります。なかには本人確認証明書が必要な場合もあります。
詳しくは安全衛生技術試験協会のホームページで確認してください。

Copyrightc 2008 boira-nikyu.com
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。