二級ボイラー技士 通信講座で試験合格

ボイラー技師の資格
二級ボイラー技師の仕事について
二級ボイラー技師資格取得の方法
二級ボイラー技師資格取得の勉強方法
通信講座

 

 

 

サブメニュー
お勧めリンク
■二級ボイラー技士の仕事とは

ボイラー技士の仕事とは、ボイラーを操作し点検や安全管理をするのが主な仕事です。二級ボイラー技士は、一級・特級ボイラー技士の取扱作業主任者がいれば、どんな大きさのボイラーも取扱うことができます。そして伝熱面積の合計が25u未満のボイラー取扱作業主任者になることができます。

 

ボイラーとは、燃料を使って水を沸かす機械ですが、「圧力」と「熱」を利用して水を温め、暖房などに使われています。ボイラーで水を沸かすと120〜130℃くらいまで温度が上がるので大変危険です。そのためボイラーの専門知識を持った技術者が、ボイラーを安全に操作し、安全管理を行なわなければいけません。これがボイラー技士の役目です。

 

ボイラー技士の主な仕事とは、ボイラーの燃焼状態を監視、ボイラーの水管理の徹底、ボイラーの点検と整備、異常を発見したら必要な処置を行なうなどです。ボイラーが設置されているところは大変多く、製造業やサービス業などあらゆるところで使われており、さまざまな職場で働くことになります。

Copyrightc 2008 boira-nikyu.com
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。